【家づくり】無料で利用できるサービス

めちゃめちゃかわいいゴールデンハムスターをお迎えした経緯はこれだった!

小さなマロ

こんにちは。ティナです!

みなさんはどんないきさつでハムスターをお迎えしましたか?

今日は、我が家の愛ハム・マロがティナ家の一員になった流れを書いていきますよ-!

https://cafemaro-sosena.com/wp-content/uploads/2020/04/wp-15875455953622209512163742478488.jpg
ティナ

では、さっそくまいりましょう!

ハムスターを欲しがる子供たち

今年新1年生になった次女からの「ほしい~!!」攻撃がマロをお迎えした理由です。

「絶対ほしい!ちゃんと面倒見るからぁ~!!ね?お願い!」

女の子って可愛いものに目がないですよね。

次女が騒ぎ出したら長女も三女も一緒になって「欲しい!欲しい!」が始まり、「ちゃんと面倒見る!」のオンパレード。

新一年生になったお祝いになにか買ってあげようとは思っていたけれど、まさかまさかのハムスター?!

https://cafemaro-sosena.com/wp-content/uploads/2020/04/wp-15875527993835784517807196702402.jpg
ティナ

ハムスターって生きてるんだよ。おもちゃじゃないんだからね?

次女はほしいものを手に入れるまでの情熱はすごいんですが、手に入れた途端熱が冷めるタイプ。

あまりこの「絶対面倒見る」も期待出来ないな…と思いつつ、あおられてハムスター愛が復活してしまった私。

https://cafemaro-sosena.com/wp-content/uploads/2020/04/wp-15875527993835784517807196702402.jpg
ティナ

もうっ!本当に本当に絶対に面倒見るって約束できる?

とか念押ししつつ、実際は子供たちと同じくらいの情熱でハムスターが欲しくなっていました。

https://cafemaro-sosena.com/wp-content/uploads/2020/04/wp-15875527993835784517807196702402.jpg
ティナ

じゃあ、ちゃんとパパに相談しましょ!その代わり、パパがダメって言ったらあきらめるのよ!

一応、旦那をたてるということを知っている私。

決定権を旦那にゆずりました。

当の旦那はと言えば…。

三姉妹にアマアマなので簡単に押しに負けていました。

というわけで、ハムスターを飼うことになった我が家。

ペットショップで運命の出会いが待っています♡

ゴールデンハムスターとジャンガリアンハムスターどっち?

さっそくハムスター購入のためにペットショップに出向いた我が家。

小動物コーナーに足を運ぶと、なんとも懐かしいあの香り。

子供たちは「くさい~!」と顔をしかめていましたが、

https://cafemaro-sosena.com/wp-content/uploads/2020/04/wp-15875527993835784517807196702402.jpg
ティナ

これをくさいって騒いでいたら、家でハムスター飼えないよ!

という私の一声で、突然何でもないような冷静な表情を作っていました。

実際に選ぶ段階になると、子供たちはジャンガリアンハムスター一択しかない様子。

白がいい灰色がいいともめ始めたので、

https://cafemaro-sosena.com/wp-content/uploads/2020/04/wp-15875455953622209512163742478488.jpg
ティナ

ここはママが決めます!

有無を言わさず大人の特権を使いました。

私の中では、実はお迎えしたいハムスターが決まっていました。

https://cafemaro-sosena.com/wp-content/uploads/2020/04/wp-15875455953622209512163742478488.jpg
ティナ

ゴールデンハムスターのブラックが欲しい!

https://cafemaro-sosena.com/wp-content/uploads/2019/11/157473621284208468080401002149390.jpg

えっ…!!

そうなんです。

今まで一度も飼育したことのないゴールデンハムスターを育ててみたいという思いがあり、「ジャンガリアンジャンガリアン…」と騒ぎ立てる子供たちを一蹴して、

ゴールデンハムスターしか飼いません!宣言。

もちろん文句タラタラでしたよ。

「ゴールデンハムスター、でかすぎる!」とか「目が小っちゃくて可愛くない」とか「ただの饅頭じゃん!」とかね…。

しかも、ブラックが欲しいと言い切ってしまったものだから、「黒いのはドブネズミみたいだ」「目がどこにあるのか分からない」「パパが靴下と間違えて踏んじゃう」とか…。

しかしここは大人の特権。

https://cafemaro-sosena.com/wp-content/uploads/2020/04/wp-15875455953622209512163742478488.jpg
ティナ

絶対にゴールデンハムスターのブラックがいい!

もはや、どっちが子供か分からない状態。

ゴールデンハムスターブラックでかすぎる件

https://cafemaro-sosena.com/wp-content/uploads/2020/04/wp-15875455953622209512163742478488.jpg
ティナ

じゃあ、さっそくゴールデンハムスターのブラックを見てみましょ!

張り切ってブラックのいる巣箱の前に行ったら、

あれ…。
あれ…。
あれ…??

※イメージ画像

なんか、思ってたのと違う…。

ゴールデンハムスターブラック。恐ろしいくらいデカかったです。

引くくらいにデカくて、恐怖を覚えた私。

https://cafemaro-sosena.com/wp-content/uploads/2020/04/wp-15875527993835784517807196702402.jpg
ティナ

や、やっぱり、ブラックやめよっかなぁ…。こっちの小さい普通のゴールデンハムスターのほうが可愛いかも。

別の巣箱に本当に小さくて可愛らしいノーマルのゴールデンハムスターがいました。

子供たちも、母親が馬鹿でかい黒いネズミから小さい赤ちゃんゴールデンに鞍替えしてくれたことがよほど嬉しかったらしく、さっきまでの文句はなんだったの?というくらい快く、

「うんうん!絶対この子にする。この子がいい!」

と大賛成してくれました。

こうして、この日ペットショップデビューしたばかりの小さなマロちゃんが、めでたくティナ家の一員になりましたとさ。

https://cafemaro-sosena.com/wp-content/uploads/2019/11/157473621284208468080401002149390.jpg
マロ

え?ブラックが馬鹿でかくなかったら、あたしはどうなってたわけ?なんか複雑な気分…。

https://cafemaro-sosena.com/wp-content/uploads/2020/04/wp-15875455953622209512163742478488.jpg
ティナ

今はマロちゃん以外のハムスターなんて考えられないよ!マロちゃんラブだよ!(汗)

https://cafemaro-sosena.com/wp-content/uploads/2019/11/157473621284208468080401002149390.jpg
マロ

ならいいけど。

ゴールデンハムスター飼育をめぐって

2019年3月生まれのマロ。

我が家にやってきたのは同年4月です。

子供たち、最初の頃は大張り切りでエサをあげたりお掃除を手伝ったりしていました。

しかし、いつももめる。

「私がエサあげるの!」
「ダメ、私があげる!」
「マロちゃん抱っこしたい!」
「シルバニアのお家に入れたい。いいでしょ?」

こんな大騒ぎをいつも間近でやられていたら、マロも神経過敏になってしまいます。

理想は手乗りハムスターでしたが、夢のまた夢になってしまいました。

いつ噛まれるか分からないので手を差しのべることもできません。

あれぇ…ゴールデンハムスターって穏やかな性格で人に懐きやすいはずなのになぁ…。

というガッカリと「いつも騒がしくてゴメンね」という申し訳なさでいっぱいです。

ということで、エサやり以外のお掃除やお散歩は私1人でやっています。

子供たちでちゃんとお世話するという約束でしたが、マロの精神的な健康を考えたら、やっぱりまだまだ任せられないな…。

https://cafemaro-sosena.com/wp-content/uploads/2020/04/wp-15875455953622209512163742478488.jpg
ティナ

いつか、マロが心を開いて穏やかになってくれればいいな。

そんな淡い期待を抱きつつ、今日もマロとの日々を楽しんでいます!

小さなマロ
エサ用お皿に収まるくらい小さかった!