【家づくり】無料で利用できるサービス

ハムスターブログはじめました。

アイコンマロ

こんにちは。ティナです!

ようやくハムスターブログを始めることができました。

記念すべき1記事目はなにを書こうかなぁ~。

とりあえず、我が家の可愛い天使、マロの写真を載せておきましょう。

キャベツを頬張るマロ
マロです。女の子だよ!頬袋パンパンだよ!!

実は、ゴールデンハムスターを飼うのはマロが始めてです。

https://cafemaro-sosena.com/wp-content/uploads/2020/04/wp-15875455953622209512163742478488.jpg
ティナ

ハムスター飼育歴は、10代後半と20代後半にジャンガリアンハムスターをそれぞれ2年半ほど。

基本同じハムスターなので、ジャンガリアンハムスターとの飼育方法に大きな差はないと思うのですが、購入する際に1つだけ気を付けたことがありました。

それは、ケージを大きめのものにすること。

https://cafemaro-sosena.com/wp-content/uploads/2020/04/wp-15875455953622209512163742478488.jpg
ティナ

ゴールデンハムスターが大きくなることは知識として知っていました。

でも…!!

想像以上に大きくなりました。

ゴールデンハムスター、想像以上に大きいです!

大きいです!!

ゴールデンハムスター用の回し車に買い換える

マロの体が完成形に近づいた頃、ついに付属の回し車がマロの重みで床をこするように!!

最終的には回すこともできなくなりました。

これではマロの運動がままならなくなる…ということで、急遽ペットショップで大きめサイズの回し車を購入。

こちらはさすがに頑丈(笑)

大きさもぴったりなので、マロの体重もしっかり支えて良い仕事してくれてます。

ジャンガリアンハムスターとの歴史

※イメージ画像

ここで私のハムスターとの歴史について触れたいと思います。

10代の頃
  • 高校の先輩から人生で初めて2匹のハムスターを譲り受ける。
  • ジャンガリアンハムスター・ノーマルの女の子2匹を1つのケージで飼育。
  • 部活が忙しく、小屋の掃除は母親に頼りがち。
  • 部屋から家畜臭がすると言って、母親が心配する。
  • 自分の部屋からリビングルームに小屋を移動。
  • 約2年半生きてくれた。

家族に相談もなく勝手にハムスターを譲り受けたため、母親には小言を沢山言われました。

それでも、ハムスターの可愛らしさにやられてしまった母親。

文句を言いながらもケージ、小屋、給水器、ウッドチップなどを一通りそろえてくれました。

2匹との忘れられない思い出があります。

部屋を散歩させていていたのですが、ちょっと目を離したすきに見失ってしまいました。

どこに行ったのか?と探し回っていたら、私の布団の中に2匹で潜り込んで丸まっていたんです。

https://cafemaro-sosena.com/wp-content/uploads/2020/04/wp-15875455953622209512163742478488.jpg
ティナ

もう、可愛いすぎ!!

こういうのを悩殺って言うんでしょうね。

20代の頃
  • 結婚してすぐジャンガリアンハムスター・パールの女の子を飼う。
  • もう1匹ほしくなり、ジャンガリアンハムスター・ノーマルの男の子を飼う。
  • 2匹が結ばれてベビーが生まれるも、パールちゃん、全員食べてしまう。
  • 再びベビー誕生。2匹犠牲になるも、5匹成長する。
  • 3匹もらい手が見付かるも、2匹は見付からず、そのまま家族になる。
  • 新しい家族は、パールの男の子とブルーサファイアの男の子。

結果的に4匹のハムスターと生活していたのですが、みんなそれぞれに個性的な面々でした。

母:パール
  • 神経質
  • 背中からバタッと倒れる変なクセ
  • ツンデレ
父:ノーマル
  • おっとり
  • 肥満
  • 人間に慣れている
子:パール
  • おっとり
  • 肥満
  • 臆病
子:ブルーサファイア
  • 神経質
  • 体が小さい
  • 凶暴

性格で見ると、パールの母とブルーサファイアの子供は神経質。

一方、ノーマルの父とパールの子供はおっとりしていて肥満体。

どちらが長生きしたと思いますか?

https://cafemaro-sosena.com/wp-content/uploads/2019/11/157473621284208468080401002149390.jpg
マロ

肥満はよくないよ。メタボは長生きできないってテレビでも言ってるしね。

実は、長生きしたのはおっとり父子のほうでした。

神経質母子のほうは私にまったく心を開いてくれず、ちょっとでも油断しようものなら指をガブッとやられる始末。

一方おっとり父子のほうは、手の上はもちろん腕を這い上がってきたり、足の爪を甘噛みしてきたり、本当に「キャワウィ~」と毎日吐息を漏らしていました。

https://cafemaro-sosena.com/wp-content/uploads/2020/04/wp-15875455953622209512163742478488.jpg
ティナ

お肉も蓄えていたからフワフワモコモコ。

やっぱり、神経質ってよくないんだな。人間も動物もそう。何事も大らかに人生を楽しんだものが長生きするんだ…と思った出来事でした。

ゴールデンハムスター、マロと歩む日々

人生初のゴールデンハムスターとの生活。

ちょっと前まで、ハムスターといったらジャンガリアンハムスターだよね!という固定観念の中に生きていたので、ゴールデンハムスターの愛らしさにハートを打ち抜かれまくりです。

なんて可愛いんだ!!

https://cafemaro-sosena.com/wp-content/uploads/2019/11/157473621284208468080401002149390.jpg
マロ

その愛、嬉しいけどちょっと重いかな。

こんな感じで、その時々に思ったことや、マロの観察日記調のもの、過去の出来事や未来への展望などなど、ゆる~りまったりと更新していけたらと思います。

管理人ティナと愛ハムマロが運営する『カフェまろsosena』をこれからも末永くよろしくお願いします!

アイコンマロ
次のお話は、あたしがティナ宅に来ることになった経緯よ!
小さなマロめちゃめちゃかわいいゴールデンハムスターをお迎えした経緯はこれだった!